留学と比べて費用が少ないインターンシップ

アメリカなどへの海外インターンシップのメリットには、「留学始めるよりも費用が全然安っぽい」ということもあります。おんなじ期間、語学留学へ行く場合と海外インターンシップに参加する場合とでは、かかる費用の差は、数十万円〜数百万円にもなると言われています。では、留学とインターンシップに必要な費用の違いはどこにあるのでしょうか?

・学費

語学留学の場合は、現地の語学学校へ期間に応じた授業料を支払うことになります。一方、海外インターンシップでは、語学学校へ伺うわけではないので、学費を払う必要なく、英語の習得は無料でハイレベルな英語に触れることができます。こういう“学費が無料”というポイントが、留学とインターンシップの費用に凄まじく差が出る理由なのです。「アメリカで生の英語に触れて勉強したい」と留学を考えていても費用の面で苦しい場合は、海外インターンシップに参加する人もいるくらいだ。

・現地での滞在費

インターンシップ先の企業によっては、企業の社宅として現地のホテルやコンドミニアムなどを渡し、滞在費を負担できることもあります。中には、プールの付いた高級ホテルを用意してもらえる企業もあります。このような企業は、快適環境で仕事の体験に専念できるように努めています。

留学の場合は、安く済ませるにはアパートのシェアですが、隣人や治安などの問題が起こることもあります。ホームステイは、ネイティブの英語に触れらえて、その国の文化を体験できるのでおすすめですが、食費なども含めて費用は高くなりますし、大都市になると高額になることもあります。学生寮も選択肢の1つで、勉強に取り組む学生同士で一緒に過ごすのは励みになりますが、こちらも都市に近くなるほど費用が高くなります。

・食費

インターンシップ先の企業によりますが、食費を負担できる場合もあります。毎日3食、安全で美味しい食事を提供してくれるところもあり、健康的に頑張れる上に、毎日、食材を買い出しに言って食事を作る手間も省けて、時間を有効活用することができます。

留学でホームステイする場合は、滞在費に食費も含まれ、食材の買い出しや料理を定める手間は省けますが、それ程費用はかかってしまいます。アパートのシェアや学生寮は、自炊することで食費を統べることはできますが、毎日準備するのは大変だと感ずる人もいるでしょう。

・ 給料

海外インターンシップは無給のものが多く、その代わりに、食費や滞在費などを負担できるのが一般的です。しかし、企業によっては、給料の現れるインターンシップもあり、採用されるのが難しくなりますが、採用され責任をもちましてはたらくことができれば、給料をもらえて英語力も上達でき、海外ではたらくという夢が叶うチャンスにもつながります。また、有給インターンシップに参加して、お金を貯めながら英語力をもち、その後、ワーキングホリデーやさまざまな国へ旅行する人も多いだ。https://huppeskemp.nl/