定期テストで国語の学力をアップしたい!おすすめ勉強法�@

社会や理科は暗記が要、数学は基本例題から進めて、クリアしたら応用問題。そして積み上げ式だから各単元をテーマ特別敢然と理解できて要る事が要、という事をそれぞれの記事にてご紹介しました。目を通していない方は、どうにかご一読下さい。

では国語は?
よく、国語は読解力・センスが大切と言っているほうがいます。

ですがこういう観点から、自分には無いからと、国語力を諦めているほうがいれば、ずいぶん惜しい話しです。
国語で大事なのは、方法論だ。方法論は何ぞや…と思っている方も、ご安心ください。
こちらの記事を読み進めて、その通りに実行していくだけで大丈夫です。この方法を分かる事で、国語の学力は確実に掲げる事ができます。

ここで大事な要素が、以下の2つだ。

【順番】と【やり方】

国語の勉強をする際には、こういう2つを敢然と考えて出向く事が大切となっていきます。取り組めば申し込むほど、成績がアップしますので、私は…と投げ出さずに、是非取り組んでみましょう。

●ポイント1:3つの分野。まずは漢字から打ち込む●
すぐさまですが、国語の勉強を大きく分けていきましょう。
すると3つの分野に区分けする事ができます。

1.漢字
2.文法
3.読解

こういう3つだ。
定期テストの場合ですが、まずはこういう中から1番手がつき易い、漢字から始めて出向く事をおススメする。
定期テストでは、大体ですが満点中20点前後を獲得する事の望める分野だ。

たかが20点と思いますか?
ですが、こういう20点を確実にもらえるか、そうでないかは、広く成績アップに影響していきます。
成績順位には、複数の差が激しく変動していくのです。

漢字というのは、覚えてしまえば一気に点数を挙げて出向く事の出来る分野だ。
定期テストでは、学校から出されてある”問題集=学校ワーク”から出題陥る事が大多数です。
単に出されるケースが色々ですので、社会と同様に、暗記を通じてしまえば点数として直結します。

暗記が苦手という方は、別記事の『中学生の学力をアップさせる方法。社会から攻めろ!』を参考にして下さい。
こちらでは、どのように暗記を通じていけば、効率よく覚えていただけるのかを解説していますよ。

漢字をマスターしたら、次へのステップへと変わりましょう。艶つや習慣の最安値販売店はこちら